カテゴリー別アーカイブ: 浮遊磁石瓶

簡易的磁気観察方法として巷では浮遊コンパスと云うシート磁石を利用した物での観察がされています。

当地の観測では、蹉跌を瓶に詰め(重量と磁極性を制御施し)使用し、磁石の特性を生かし浮遊瓶を作成し磁力変動を観察できる様にし観察をしています。
此れまで、磁力の弱まりや強まり、近場(15Km圏内)の地震発生時の磁力変動(吸引)現象を捉える事が出来ています。
また、浮遊磁石瓶の特性を研究し、制御用磁石を設け南ー北と東ー西の地磁気状況が観測出来る簡易装置を作成し地磁気観測も実施しています。

co-seismic electromagnetic 現象確認11~20 Dec 2016 (20Dec)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M4以上) ・地電流観測による観察 … 続きを読む

カテゴリー: 浮遊磁石瓶 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認 21~31 May 2016 (31May)


関東地震前駆モニター (当地より150Km圏 M3.5以上) 地電圧系      … 続きを読む

カテゴリー: 地電圧・地電流, 地震観測, 浮遊磁石瓶 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認 1~10 May 2016 (08 May)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M3.5以上) *実証実験中 地電圧 … 続きを読む

カテゴリー: ELF帯(3~3KHz) / SELF帯(0~3Hz)モニター, GPS, 地電圧・地電流, 地震観測, 浮遊磁石瓶 | コメントをどうぞ