カテゴリー別アーカイブ: 地電圧・地電流

地面に(南ー北・東ー西・北西ー東南に電極を埋め込み)間を空けて電極を打ち込み、2点間の電圧・電流を測定しています。
一般的には南北と東西方向ですが、茨城福島方面の観測用として北西ー東南にも電極を配し観測をしています。
此れまでの実績では、異常検知後6~72Hにて発震に至る状況を確認、M4クラス以上の発震では70%を越える確率と成っている。
電波(電磁波)関連の発震に至る時間は検知後7日程度となっており、地電流観測は最終判定要素としての重責を担っています。

co-seismic electromagnetic 現象確認 21~31 May 2016 (31May)


関東地震前駆モニター (当地より150Km圏 M3.5以上) 地電圧系      … 続きを読む

カテゴリー: 地電圧・地電流, 地震観測, 浮遊磁石瓶 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認 1~10 May 2016 (08 May)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M3.5以上) *実証実験中 地電圧 … 続きを読む

カテゴリー: ELF帯(3~3KHz) / SELF帯(0~3Hz)モニター, GPS, 地電圧・地電流, 地震観測, 浮遊磁石瓶 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認 21~31 Apr 2016 (30 Apr)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏  M3.5以上) 地電圧系 地電流系 … 続きを読む

カテゴリー: GPS, 地電圧・地電流, 浮遊磁石瓶 | コメントをどうぞ