co-seismic electromagnetic 現象確認11~20 Dec 2018 (11Dec)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M4以上)
・地電流観測による観察

・地中内電導度による観察

・浮遊磁石瓶の挙動による観察

・方位コンパスによる振れ量(磁気強度)観察による
(フレーミングの法則応用や巨大方位磁石等

・地震前駆現象観察(地電圧、地電流/微振動、磁気変動観察による

・GPS NMEAモニター

広告
カテゴリー: 地震観測 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認01~10 Dec 2018 (10Dec)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M4以上)
・地電流観測による観察

・地中内電導度による観察

・浮遊磁石瓶の挙動による観察

・方位コンパスによる振れ量(磁気強度)観察による
(フレーミングの法則応用や巨大方位磁石等

・地震前駆現象観察(地電圧、地電流/微振動、磁気変動観察による

・GPS NMEAモニター

12月7日
観測用アンテナの設置場所を整備したついでに全長40mのループアンテナのメンテナンスを実施した。
KiwiSDRで日本の他局と比較してみたら、他局よりも10dB以上受信能力が高い事が確認できた。
観測室内ではPC6台が可能の為、NFL対策をすればより受信能力を強化する事が出来るのだが、観測対象としていたDGPS信号は来年で運用停止に・・・。
BigLoopは固定式なので全長4mのループアンテナと併用しています。

12月3日
コロナホールによる磁気嵐に期待したのですが、期待したレベルには至りませんでした。
地電圧地電流の値をみても、それと判る変化は出ていますが大きな振れには至っていないので、それなりな現象で・・・。

カテゴリー: 地震観測 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認21~30 Nov 2018 (30Nov)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M4以上)
・地電流観測による観察

・地中内電導度による観察

・浮遊磁石瓶の挙動による観察

・方位コンパスによる振れ量(磁気強度)観察による
(フレーミングの法則応用や巨大方位磁石等

・地震前駆現象観察(地電圧、地電流/微振動、磁気変動観察による

・GPS NMEAモニター

11月30日
地電圧地電流観測の値に変化が見られます。
太陽活動(コロナ)の影響が出てきている様子に見えます。

11月29日
24~28日の間、観測をお休み致しておりました。

11月23日
昨日の地球潮汐歪み観測にて、大幅なレベル低下が発生しています。
地中内観測0~1Hz(地表面)にて、活動的状況(夜間に於いても)が観測されています。
浮遊磁力瓶観測にて昨夜より、振れ量が7と成る状況が発生しています。

カテゴリー: 地震観測 | コメントをどうぞ