2018.04.09 島根県西部地震 M6.1 の発生場所について


島根県西部地震について、どの様な状況で発生したのかを確認すべく2017年からの地震発生状況より調べてみました。

”地表(震央)位置と地下(震源)位地より”どの様な場所で発生したのかを調べてみました。
詳細は資料を参照願います。
島根県西部地震M6.1 D12km 20180409 分析

その結果下記の様な事が確認出来ました。

・活動域の端部にて今回の発震が発生している事が確認できます。
・活動域の延長線上の空白域にて、今回の発震が発生している事が確認できます。
この状況より端部に応力歪が溜まり、歪に耐えられなくなり発震に至った物と見られます。
尚、この付近の地震発生領域は深さ20Kmより深い地震は発生していません。
また、活動域の延長上の日本海上では、地震の発生は有りませんでした。

広告
カテゴリー: 環境観察 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認11~20 Apr 2018 (19 Apr)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M4以上)
・地電流観測による観察

・地中内電導度による観察

・浮遊磁石瓶の挙動による観察

・方位コンパスによる振れ量(磁気強度)観察
(フレーミングの法則応用や巨大方位磁石等による)

・地震前駆現象観察(地電圧、地電流/微振動、磁気変動観察による)

・GPS NMEAモニター

4月19日
地電圧地電流観測の推移は高い推移を維持しています。

4月18日
今朝の地電圧地電流観測にて、2σを越える変化が発生しました。
太陽活動(コロナホールが太陽面正面越える位地に)状況を確認すると、地球に影響を与える活動が始まるであろうと予測する位置に来ている状況が伺えます。
まだ、太陽活動による直接の影響は観測されていない様ですが、当地の観測では前兆現象と思われる変化と見ています。
*此れまでの当地の観測では、コロナホールによる太陽風活動観測にて影響が観測される前、1~2日に地電圧地電流の値に変化が現れる状況を観測しています。

17日のVLF LF帯伝播電界観測にて、東南海トラフ観測を目的としているNDI(54khz 沖縄)の伝播電界に基準を越える落ち込み(01:15頃)が発生しており注視しています。

カテゴリー: 地震観測 | コメントをどうぞ

co-seismic electromagnetic 現象確認1~10 Apr 2018 (10 Apr)


関東地震前駆モニター(当地より150Km圏 M4以上)
・地電流観測による観察

・地中内電導度による観察

・浮遊磁石瓶の挙動による観察

・方位コンパスによる振れ量(磁気強度)観察
(フレーミングの法則応用や巨大方位磁石等による)

・地震前駆現象観察(地電圧、地電流/微振動、磁気変動観察による)

・GPS NMEAモニター

4月10日
地電圧地電流観測
夕刻の観測にても2σに迫る値と成っています。
深夜、今朝の観測にて再び2σを超える状況に成っており、SWPCによる太陽風動向を確認すると350Km/sだった太陽風の速度が
9日22時頃より500Km/sの高速風に上昇しており、高速太陽風が到来した状況に。

4月9日
地電圧地電流観測
深夜と今朝の観測を見ると、深夜の値は維持状態、今朝の値は復帰と判断に迷う状態に・・・。
72Hの重点監視状態として経過観測状態に。
但し、他の観測等の状況を見ると地中内の活動が活発であり、要注意状態である。

VLF LF帯伝播電界観測
NDI 沖縄~東南海トラフルート~東京西部 
基準を超える低下及びターミネータタイムの遅れが発生しています。

その他気になる点としてJJY40の電界が基準を下回る低下が発生しているが、JJY60、NDIの変化が同期している情況にあり、近場(上空)の変化が出ているのか・・・。?

4月8日
夕刻の観測時の地電圧地電流観測(N-S電極)にて、3σを超える変動が発生しています。
VLF LF帯観測 JJY60 NDIの信号に基準を超える低下が、JJY40にも通常よりも低下傾向が見られる部分があります。
JJY60 福岡~中央構造線北部ルート~東京西部 21~01時&04~05時の低下

NDI 沖縄~東南海トラフルート~東京西部 03~05時の低下

JJY40 福島~東京西部ルート 00時頃の低下

4月4日 新しい観測窓 
地中内観測にて、新しく1~100μhz帯のノイズ推移を観測を試みています。
流石にスペクトラム観測では、観測用PCの処理能力的に分解能と表示タイムラグを考えると無理があり思案に暮れていました。
観測の師匠と仰ぐGerryさんの観測状況を見て、推移変化のみを捉える様にしてみました。
種々設定を調整して、どうにか希望する様な状況を捉えることが出来てきました。
しばらく観測を継続して、種々の現象を検証してみる事にします。

UTC 01:30~06:00

UTC 05:30~10:00

カテゴリー: 地震観測 | コメントをどうぞ